• 受診される方へ:アクセス・診療時間・診療科目
  • 入院される方へ:入院案内・面会案内
  • 病院紹介:施設概要・設備
  • 医療関係者の方へ:病診連携

病診連携

HOME > 医療関係の方向け情報 病診連携

病診連携室

CT並びにMRI検査などご希望の際は当連携室をご利用ください。

お問い合わせ

【連絡先】 0561(73)7771


内線159  担当 山下

≪CT・MRI検査予約方法≫

①当院代表電話にお電話ください。 TEL0561-73-7771

受付が対応いたしますので「MRIあるいはCTなどの検査予約希望とお伝えください。

 

②検査予約におつなぎします。

希望日時・検査部位・患者様氏名をお伝えください。

 

③各検査伝票に患者様の症状、検査目的の記載をお願いいたします。

その検査伝票を患者様へお渡しください。

 

④検査日当日は予約時間の15~30分ほど前に当院総合受付にお越しくださるよう

お伝え願います。

 

⑤撮影した画像はCD・フィルムにて当日お渡しいたします。

検査読影結果は当日にFAXさせていただき、のちに郵送させていただきます。

※ご利用になられる場合は注意事項を確認していただき、医療機器共同申込書をご利用ください。

 

  ※ご利用になられる患者様にお渡しください。

 
※下記の注意事項を御確認の上、御協力お願い致します。 

  ≪MRI検査において注意事項≫
MRI検査について
・検査時間は部位によって異なりますが、役10分から30分ほどです。
・検査中はブザーのような音や、工事現場のような音がしますが、身体を動かさないように
していただきます。
・腹部や胸部などの検査では、呼吸を止めていただく事が必要になる場合があります。
 
MRI検査が禁忌の方
・心臓ペースメーカーを埋め込まれている方。
・脳動脈瘤の治療のため材質不明の動脈瘤クリップが入っている方。
・人口内耳や人工心臓弁を使用している方。
以上の方は生命に係わるため検査は行えません。
・妊娠中の方(特に妊娠初期は胎児への影響が確立されていません)。
 
MRI検査を受けるにあたり注意しないといけない方
・人工関節を使用している方や、体内に手術や事故などで金属が入っている方は、
その材質によっては不用意に検査をすると危険な場合があります。
(磁場が金属に集中し、発熱し火傷を負う恐れがあります。また、体内に埋め込まれた
金属がMRIガントリ内に吸着される恐れもあります。)
・閉所恐怖症の方。
(パニック障害を起こしたり、動悸や気分不快になる恐れがあります。)
・入れ墨がある方。
(極稀に、色が変色をきたす恐れがあります。)
  
その他MRI検査を受けるにあたり注意すること
・化粧品(マスカラやアイライン、着けまつ毛など)の中には一部金属を含んでる物があります。
それによって、発熱や画像の乱れを起こす恐れがあります。
・カラーコンタクトレンズは失明の恐れがありますので、外していただきます。
・腕時計、カツラ、補聴器、入れ歯、磁気バンド、眼鏡、ヘアピン、ピアスやネックレス等の貴金属、
エレキバンなど、外せるものはすべて外していただきます。
・財布、携帯電話、磁気カード(キャッシュカード、クレジットカード等)も持ち込めません。
(磁気により使用できなくなります。)
・保温効果のある肌着(ヒートテック等)は画像を乱しますので着替えていただきます。
ページの先頭へ戻る