• 受診される方へ:アクセス・診療時間・診療科目
  • 入院される方へ:入院案内・面会案内
  • 病院紹介:施設概要・設備
  • 医療関係者の方へ:病診連携

膝関節外科外来

HOME > 膝関節外科外来

膝関節外科外来

医師紹介

 武冨 修治(たけとみ しゅうじ)

専門分野
スポーツ整形外科、膝関節外科

 

資格
日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター

 

 


DSC05142.gif
略歴
平成13年 東京大学医学部医学科卒業
平成13年 東京大学整形外科入局
平成19年 関東労災病院スポーツ整形外科
平成21年 東京大学医学部附属病院整形外科
平成26年 東京大学医学部附属病院整形外科特任講師
平成27年11月 東京大学医学部附属病院整形外科講師

皆さまへ

膝関節を中心とする下肢のスポーツ外傷・障害の診療を専門にしています。これまで1000件以上の膝関節外科手術、関節鏡視下手術を手掛けて参りました。主な手術は前十字靭帯をはじめとする膝関節靭帯再建術、半月損傷に対する関節鏡下手術、反復性膝蓋脱臼に対する内側膝蓋大腿靭帯再建術や脛骨粗面移行術、滑膜ひだ障害に対する関節鏡下手術、第5中足骨基部疲労骨折に対する髄内スクリュー固定術などです。変形性膝関節症や大腿骨内顆骨壊死に対する人工関節手術も行っています。そのほか、疲労骨折、捻挫、オスグッドシュラッター病、骨端症などの診療も得意としています。

スポーツ障害の診療は治療も重要ですが、正しい診断が不可欠です。正しい診断が得られないと安静期間、適切なリハビリ、復帰までの期間などもわかりません。下肢の痛みや不安定感などでお困りであれば、受診していただければと思います。スポーツ復帰に向けた治療やアドバイスをさせていただきます。

 

医師紹介

 乾 洋(いぬい ひろし)

専門分野

膝関節外科、人工関節外科

 

資格
日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター

 

手術件数

人工膝関節手術約600件

前十字靭帯再建手術約100件

人工股関節手術100件等

 


DSC00723.gif
略歴
平成13年 東京大学医学部卒業
平成22年 東京大学医学部附属病院整形外科 助教
平成28年 東京大学医学部附属病院 人工関節センター センター長

皆さまへ

人工膝関節手術といえば、以前は人工膝関節全置換術(TKA)しかありませんでしたが、現在はインプラントの進歩により損傷部分だけを置換する手術(部分置換手術)も多く行っております。部分置換手術では健常な軟骨や膝関節靭帯を温存することができるので、体への手術侵襲が抑えられ、かつ術後高い膝関節機能回復が得られます。現在全置換術と部分置換術の割合はほぼ5割ずつとなっております。

変形性膝関節症、膝骨壊死症、関節リウマチなどで膝痛を抱えておられる方は多くおられると思います。そういった患者様で十分に膝関節周囲筋力の筋力強化を行い、また膝関節注射等の保存加療を行っても症状が軽快しない場合には人工膝関節手術が非常に有用です。近年人工膝関節手術は患者様にあったインプラント選択、また損傷程度に合わせた部分置換術の登場、など大きく進歩をとげ、患者様の術後の機能、満足度も向上しております。膝痛でお悩みの患者様はぜひ外来にてご相談ください。

 

医師紹介

 中川 研二(なかがわ けんじ)

専門分野

整形外科(特に変形性関節症、関節リウマチなど関節疾患や下肢の外傷)

 

資格

日本整形外科学会 専門医

日本リウマチ学会 専門医、指導医、功労会員

日本関節病学会 名誉会員

日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 名誉会員

日本人工関節学会 功労会員

中部日本整形外科学会 功労会員

リウマチの外科研究会 功労会員


DSC01142.gif
略歴
昭和43年

慶応義塾大学医学部卒業、整形外科学教室入室、慶応病院および関連病院(足利日赤、川崎市立、小田原市立病院など)にて臨床研修、基礎研究、学位取得。

昭和50年 藤田保健衛生大学整形外科講師赴任
昭和61年 助教授
平成9年 教授
平成19年 定年退職

平成19年

日進おりど病院 愛知人工関節センター センター長

平成26年

日進おりど病院 病院長

平成28年

日進おりど病院名誉院長

皆さまへ

大学病院勤務の時代より膝関節の専門医として、変形性膝関節症や関節リウマチの膝の人工関節手術を中心に行ってまいりました。現在は、優秀なスタッフにより外傷はもちろん、関節手術や手の外科手術を行っており、良好な成績が得られています。

また関節リウマチの治療は昔では有効な薬がなく、身体障害者や寝たきりになる患者さんが多くいました。しかし、最近は強力で有効な内服薬や注射が開発され、治療効果が認められています。安心してご相談ください。

 

医師紹介

 木村 昌芳(きむら まさよし)

専門分野

整形外科

 

資格

日本整形外科学会認定 整形外科専門医

日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医

日本疼痛漢方研究会 会員

日本医師会認定 産業医

 

DSC00979.gif
略歴
平成17年 藤田保健衛生大学医学部卒業
平成19年 藤田保健衛生大学整形外科助手
平成21年 大田原赤十字病院整形外科勤務
平成22年 藤田保健衛生大学整形外科助教
平成25年 日進おりど病院 整形外科勤務
平成26年 日進おりど病院 リハビリテーション科部長
平成26年 愛知人工関節センター 副センター長

皆さまへ

臨床研修終了後、藤田保健衛生大学病院とその関連病院で6年間整形外科に従事し、整形外科専門医を取得後、平成25年4月より日進おりど病院に勤務しております。

現在はリハビリテーション科部長兼、愛知人工関節センター副センター長として、東京大学医学部附属病院整形外科の乾先生および武冨先生とともに、膝関節周囲の骨折や外傷の治療を中心に、変形性膝関節症に対する人工関節置換術や、半月板・靱帯損傷に対する関節鏡視下手術をおこなっています。

高齢化社会において運動器疾患は、脳卒中と並んで寝たきりの大きな原因となっています。当院では単なる薬物治療だけでなく、リハビリテーションなどの積極的な保存治療にも力をいれており、必要な方には手術療法もおこなうことで、少しでも多くの方の生活活動レベルが向上するように努めてまいります。

また夕方にも外来診察をおこなうことにより、大学病院などの大きな病院よりも地域に密着した、きめ細やかな医療を目指し、またクリニックだけでは治療困難な入院を必要とする症例を受け入れることのできる病院として地域の患者様に貢献していきたいと考えています。慢性疼痛に対する漢方薬を使用し治療もおこなっており、より患者様に対する副作用の少ない治療を心がけております。

お困りの症状などがございましたら、是非ご相談ください。


mainvisual1.jpg

人工膝関節置換術・人工股関節置換術についてのホームページはこちら愛知人工関節センター

 


ページの先頭へ戻る