• 受診される方へ:アクセス・診療時間・診療科目
  • 入院される方へ:入院案内・面会案内
  • 病院紹介:施設概要・設備
  • 医療関係者の方へ:病診連携

在宅医療センター

HOME > 在宅医療センター

在宅医療センター

多くの方が病気になってもできる限り住み慣れた地域や家庭で生活を送られることを希望しています。

 

ご自宅での療養を実現するためには、適切な医療提供のもとで患者さまの精神的・肉体的自立を支援しながら、ご家族の生活の質の向上を図らなければなりません。

 

日進おりど病院は平成22年4月に「在宅療養支援病院」の認可を受けました。地域に密着した病院作りを考えていく上で、「在宅医療」は欠かせないものです。「在宅医療」を行う上では、ご本人・ご家族とのコミュニケーションが一番大切となります。患者さまの症状・状態、またご家族の方針も多種多様です。医師による治療一辺倒の医療提供だけでは生活の質を配慮している医療とはいえません。

 

平成24年7月に病院敷地内に「在宅医療センター」が完成しました。「在宅医療センター」は訪問診療や訪問看護、訪問リハビリを行う訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、医療相談室の4部門を集約化した施設です。4部門を集約化することにより、ご本人・ご家族とのコミュニケーションもスムーズになっていくのではないかと考えております。また、生活の質の向上を図るために医療面はもちろん、介護・福祉の面からも、患者さまに適切なサービスの提供・提案をさせていただきます。

 

「住み慣れた地域や家庭で安心した生活を送ってほしい・・・」


これが「在宅医療センター」の想いです。

各部門お問合せ先

訪問診療へのお問い合わせは

TEL 0561-73-7771 医療相談室まで

 

医療相談室へのお問い合わせは

TEL 0561-73-7771  FAX 0561-73-6159

 

訪問看護ステーション「心のポケット」へのお問合せは

TEL 0561-73-7841  FAX 0561-73-7831

 

居宅介護支援事業所(介護相談室)へのお問い合わせは

TEL 0561-73-8666  FAX 0561-73-8661


zaitaku1.jpg

 

 

訪問診療では

日進おりど病院の付属機関である在宅医療センターでは、「在宅療養支援病院」の認可を受け、
専任の医師が計画的な「訪問診療」を行うことで、ご自宅での療養をサポートしています。

訪問診療とは

具合が悪くなった時に対応する「往診」とは違い、訪問診療は、

定期的かつ計画的に患者さまのご自宅を訪問し、医療を提供します。



在宅療養支援病院とは

・24時間、担当者との連絡をとれる体制であること

・緊急時、入院対応が行える病床を確保していること

・訪問看護との連携がとれていること

などの条件を満たした病院が認可を受けることができます。

 


訪問診療で行うこと

・定期的な診察、処置、検査

・薬の処方

・点滴治療 など

 


例えば どのような患者様が対象か・・・

・通院することが難しい

・病院に連れて行く人がいない

・寝たきりなどによる床ずれ

・自宅生活で酸素や点滴が必要


   
   


「訪問診療」に関するお問合せ

連絡先 TEL:0561-73-7771 医療相談室まで

 

 

医療相談室では

治療における不安や障害の相談窓口

こんにちは!日進おりど病院医療相談室です。


慣れない入院生活に、ご心配事を抱えておられませんか?

当病院には医療相談室があります。お気軽にご相談ください。
sodan.jpg
どんな相談にのってくれるの?

○入院中の療養生活への不安

○退院後の在宅生活への不安

○介護保険サービスや利用手続きのご案内

○ケアマネージャーの紹介

○病院・入所施設の紹介

○身元保証専門のNPO法人の紹介

○医療費相談

○身体障害者手帳について

その他のご相談にも応じております。

 


日進おりど病院は、在宅で生活される方のお手伝いをします!

日進おりど病院は、入院中はもちろん、退院後も安心して生活を送っていただけるよう、以下の体制で地域の皆様の切れ目のない医療・福祉に取り組んでおります。

訪問診療        
訪問介護
居宅介護支援事業    
訪問リハビリ
医療相談室       
病児・病後保育

 

af0170007849l.jpg

患者さまの安心できる生活のお手伝いをさせて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

病診連携とは
地域の医療機関(診療所等)と病院が連携を密にして、それぞれの役割、機能を分担しながら地域の皆様方に効率的かつ効果的な医療を提供する仕組みです。

地域の医療機関で入院や精密検査の必要があり病院へ紹介して頂いた場合、その患者様を担当する医師、病院での診察結果や、今後の治療方針、治療経過などにつきまして、紹介元の医療機関に適宜、ご報告させていただきます。また、軽快・治癒した段階においては、治療経過の報告とともに紹介元の医療機関へ逆紹介し、今後の治療を委ねられます。

この様に病院と地域の医療機関が連携し、患者様の治療を行うことを「病院=診療所の連携」、つまり「病診連携といい、かかりつけ医先生より情報をお持ちいただければ、病院の医師は患者様の状況を的確に把握し、重複した検査等を省略した上で治療に当たることができ、迅速に進めることができます。

なお紹介がなく入院された方でも、退院時にかかりつけ医への紹介をご希望される方は、病院から紹介状を発行いたしますので、主治医等にお気軽にお申し付けください。

また、かかりつけ医の先生を持ちたいけれど、どの先生にかかれば良いのかわからないという方には当院の医師及び病診連携室より御紹介させて頂きますので、お気軽にご相談ください。


退院支援について
患者さまが退院後も住み慣れた自宅で安心して生活が送れるように入院直後からアセスメントを行っています。
病状が安定し、退院後も治療や処置、介護が必要となる方には地域のかかりつけ医、ケアマネージャー、訪問看護師など地域の医療、介護サービスの方々と連携を行い、地域のサービスや社会資源の調整を行っています。
 


「医療相談室」に関するお問合せ

連絡先 TEL:0561-73-7771 /FAX:0561-73-6159

 

 

訪問看護ステーション「心のポケット」では

患者さまのご自宅へ訪問し、ご本人やご家族の方が安心でより快適に生活できるように、看護やリハビリのサービスを提供し、支援させていただきます。資格を持った経験豊かな看護師や、理学療法士、言語聴覚士が実施いたしますのでご安心ください。

また、当ステーションをご利用の際にはかかりつけの医療機関を変わっていただく必要はありません。全てかかりつけの医師の指示で実施いたします。

看護、リハビリのご用命などは、ケアマネージャーもしくは直接当ステーションに気軽にご連絡ください。

ご利用の対象となる方

① 介護認定が「要支援」または「要介護」で、主治医が訪問看護・訪問リハビリを必要と認めた方

② 通院が難しく、自宅での診療や療養を希望される方

③ 自宅でのリハビリテーションが必要な方
※ 施設入所の方でもサービスを利用できる場合がございますので気軽にご相談ください。

※ 年齢を問わず難病や重度障害の方はサービスを受けられます。

af9940030993l.jpg

訪問看護はどんなことするの?

① 血圧測定など健康状態の観察をします。

②  入浴・食事・排泄などの支援をします。

③  注射やカテーテル交換などの医療管理をします。

④  床ずれなどの予防や処置をします。

⑤  在宅介護の相談を承ります。

⑥  ターミナルケアを行います。

⑦  精神科・小児科の看護も行います。

⑧  24時間看護を行います。

af9920059176l.jpg

訪問リハビリはどんなことするの?

① 脳卒中後遺症などの専門的なリハビリを行います。

② (ご家族の方に対して)介護方法を助言します。

③ 介護予防を行います。

④  家屋の改造(手すりの設置など)をアドバイスします。

⑤  嚥下障害、言語障害などの評価や機能訓練を行います。

af0170005253l.jpg


「訪問看護ステーション 心のポケット」に関するお問合せ

連絡先:0561-73-7841

 

 

居宅介護支援事業所(介護相談室)では

ご自宅での介護を支える多くの介護サービスがあります。それらのサービスが適切に受けられ るよう、介護支援専門員(ケアマネジャー)が居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。

例えばこんなお悩みはありませんか?

・介護保険のことがよくわからない

・介護のサービスを利用したいが、方法がわからない

・リハビリを受けたいが、通うのが大変

・自宅での体調管理に不安がある

・日中一人きりになってしまうのが心配

・今は入院中だけど、退院したあとが心配

・「玄関に段差が・・・」「手すりをつけたい」など家屋改造をしたい


zaitaku2.jpg


居宅介護支援事業所に関するお問合せ

連絡先 TEL:0561-73-8666 / FAX:0561-73-8661

ページの先頭へ戻る